査定に出す前に必ず知っておきたい高価買取の秘訣!

着なくなった正絹の着物の行方

皆さんは、着なくなった正絹の着物をどうされていますか。その多くは、着られることもないまま、ただただタンスの肥やしになっていると思います。それでは、着ない着物は、一体どうすれば良いのでしょうか。日本の多くのご家庭で、代々子孫に伝えるか、 そのままタンスのこやしにするか いずれかだと思います。基本的に日本人は、高価な正絹の和服を何代かで受け継いできたようです。
私の母も祖母から貰った綺麗な状態の正絹の着物がありますし、私も母から譲り受けた綺麗な状態の正絹の着物が、現在でも数枚あります。しかし現代日本人は、自分の好みにあった着物を、新しく新調する方を好むと思います。着られなくなった正絹の和服をずっと持っていても、場所ふさぎになるだけで、あまり良いことはないのではないでしょうか。

正絹なら査定がつきます!

日本は、他の先進国同様に少子化も進み、女の子がいないご家庭も多いかと存じます。そして、正絹の和服を日常に着る機会がある文化的なご家庭では、日本の厳密な、細やかな決まり事を良く理解されていると思います。まだ当分着られると思われる訪問着や小紋は、着る機会が無い訳ではないので、無理に手放さなくても良いのですが、もう二度と着ないような着物というのは実際に、多くなってくるのが時の流れではないでしょうか。そういう着物は思いきって、ばっさり手放してしまうのも、一つの方法だと思うのです。
筆者も、着られなくなった沢山の小紋と、いくつかある振袖と半振袖をいつ手放そうか常に考えてきました。調べましたら、正絹なら大抵査定できるということ、振袖と半振袖は、高く買い取ってくれるとの情報を得ました。勿論査定結果は、保存状態にもよると思われます。筆者は、大事に扱ってきた大切な着物なので、近々、査定して貰おうと思っています。